理学療法士になるなら専門学校に通おう【学費を確認しよう】

男の人

医療分野で働く

医療分野は人間が健康的に暮らすために必要なため、職種選びに悩まれている方は安定的な求人を求めて医療業界を選ぶと良いです。需要の高い職種には理学療法士が挙げられ、社会人でも学費の心配を軽減して学べるでしょう。

施術

働きながら医療資格を取る

理学療法士は、リハビリテーション医療に関連した資格です。養成コースのある専門学校で3年ないし4年学び、国家試験に合格することで取得できます。夜間部なら学費も安く、働きながらでも勉強することができます。

勉強

仕事をしながらも通える

理学療法士の学校では昼間部と夜間部が用意されています。多くが夜間部は4年制となるため学費が高くなるようです。また、仕事をしながらの通学はとても大変でそれなりの覚悟も必要です。夜間部を利用する場合には覚悟を決め、しっかりと知識や技術を学びましょう。

少ない負担で資格取得

施術

条件を満たすと一部が免除

理学療法士の国家試験は、大学の養成課程あるいは専門学校で、指定されたカリキュラムを修了させることで、受験可能となります。修了までには、大学の場合は一般的に4年かかるのですが、専門学校の場合は3年で済みます。1年早く理学療法士になることができますし、その分学費の負担も少なめなので、専門学校を選択する人は多くいます。具体的には、大学の理学療法士養成課程の学費は、4年間で約500万円が平均となっています。それに対して専門学校の学費の平均は、約350万円なのです。しかも昨今では、夜間過程を設ける専門学校が増加しています。夜間過程では、午後18〜19時頃から授業が開始となるので、昼間はアルバイトなどに勤しむことができます。学費を稼ぎながら通うことも可能なので、そのことから専門学校の需要は、ますます高くなってきているのです。加えて理学療法士の夜間過程には多くの場合、条件を満たすことで、学費の一部が免除されるという制度があります。たとえば看護師資格や保健師資格を有している場合、年間の学費が10〜20万円ほど安くなるのです。ただしこの制度を利用するためには、入学申し込みの際に、有資格者ということを証明する書類のコピーを提出する必要があります。さらに、指定日までに入学申し込みをした場合に、初年度の学費を30万円ほど安くするという専門学校もあります。このように条件はありますが、利用すれば、より少ない費用負担で理学療法士の資格を得ることが可能となるのです。